HOME > 新之助の栽培開始!

新之助

2017年より新之助の栽培開始!

アグリーホンマは2017年度より新潟県がおくる新品種米『新之助』の栽培を開始します!

コシヒカリとは全く異なる血統のお米という事で、その食味や粘り、食感がコシヒカリに比べて、 どのくらい市場に評価されるのか?期待と不安の中でのスタートです。

もちろん、初めての栽培となりますので、『雪ほたる』で培った栽培ノウハウ、ぼかし肥料が、 通じるのか挑戦の1年となりそうです。

私も新之助栽培の1年をとても楽しみにしております。
お客様も今年の新之助の収穫を楽しみにお待ちください!

新品種『新之助』とは?

新之助は新潟県が2008年どより研究開発してきた期待の新米です。

コシヒカリとは異なる美味しさを追求し、品種をかけあわせたとの事で、 コシヒカリの遺伝子を25%受け継ぎますが、おいしさのベクトルが異なるとの事です。

そんな新之助の味の特徴を紹介します。



新之助は大粒で美しい輝きとツヤ

「新之助」の一番の特徴は粒の大きさと、炊き上がりの美しさ。
粒は大粒でいながら形も良く、ふっくらツヤツヤのご飯になります。

品種開発の段階で1株1株の炊き上がりで粒の大きさ、炊き上がりをチェックし、 最高の粒の株を選りすぐったという開発秘話もうなずけます。

水を多く含み、適度な"粘り"をお米の表面まで届けているため、お米が輝いて見えるほどです。



新之助の味は豊かな甘味とコク、大粒ならではの食感も良し!

新之助の味は豊かな甘みとコクが特徴。
そして大粒のお米ならではの食感、食べ応え、粘りと弾力です。

「新之助」はコシヒカリとは別のベクトルの美味しさを追求したという 開発秘話はこのあたりにあるのかもしれません。



新之助は冷めてもおいしい!

冷めてもおいしいという特徴はコシヒカリも同様ですが 新之助も冷めても食味が落ちずらい特徴があります。

おにぎりやお弁当、電子レンジで温めなおしたご飯でも、 お米本来のおいしさをキープします。

農家にも優しい『新之助』

コシヒカリは栽培が難しいお米だったりします。
当然、長年栽培をしておりますので、問題なく栽培できますが、 それでも異常気象、水不足、刈り取り直前の台風・・・と様々な 要因に頭を悩まされます。

コシヒカリの栽培で特に難しいと感じるのが8月、9月の猛暑です。
コシヒカリは高温に弱く、食味が落ちてしまいます。

この高温が苦手なコシヒカリに対して『新之助』は高温に強い性質を もっています。

そもそも開発のコンセプトの中に、地球温暖化が進み、世界全体の気温が 高くなっている中で、高温に弱いコシヒカリに依存しつづけるのはリスクが あるとの事から、高温に強く、さらに刈り取り時期の遅い米の開発が必要・・・ という事があったそうです。

農家にとっては、天候、猛暑に左右されない安定した収量と食味のお米を 栽培できるというのは願ってもない事です。

『新之助』は新潟の農家にとっても期待のお米なんです!



新之助は長期保管にも優れている!

高温に強い『新之助』の特徴は保管の場面でも活きてきます。
お米は生鮮食品ですので、常温で保管するとあっという間に食味が 落ちてしまいます。冷暗所、冷蔵庫などに保管を推奨するのは、そのためです。

ところが、新之助はコシヒカリに比べ高温に強いため、保管の場面でも おいしさが長持ちします。

・・・とは言え、保管を推奨するのは冷暗所、冷蔵庫で間違いないんですけどね!

新之助の新米予約・新米価格について

ご予約はこちらから


新潟県 特別栽培農産物 認定番号 生-10-H-060 プレミアムライセンス グッドファーマー認定
新潟県特別栽培農産物
生産者登録番号 生-10-H-060
商品のご案内 ご利用ガイド 農園・生産者紹介
本間伸一郎です。 本間伸一郎です!

ファーム代表兼農家の本間です。販売している人の顔が見えないインターネット通販。 ご安心下さい。あなたが安全・安心に食べられるように育てています。
自社ブランド米【雪ほたる】はおいしさと安心安全にこだわった自慢のお米です。話題の新品種米『新之助』の栽培にも着手! エコファーマー認定、新潟県の県特別栽培農産物認証制度の認定をされておりますので、どうぞ安心してご賞味くださいませ。

こだわりのお米作り
  • アグリーホンマの作業日誌

お問合せ